【ライブ遠征情報】西川貴教を目当てにa-nation 2019 青森公演へ遠征するために調査したこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

a-nation 2019 7/20(土)青森公演 に西川貴教さんの出演が決定しました

a-nation 2019 に西川貴教さんの出演が決定いたしました。

西川貴教さんがa-nationに出演したのは、2004~2006年にT.M.Revolutionとして出演して以来です。

なので、実に13年ぶりのa-nation出演になります。

また、「西川貴教」名義としてのイベント出演は、

自身で主催しているイナズマロックフェスを除き、これが初めてとなります。

ツアーが終了して約一ヶ月たったこの時期の出演とあって、西ヲタの皆様は、

西川貴教ロスが起きている時期でもあることと思います。

そのため、a-nation青森公演への参戦を検討されている方も、少なくないはず。

しかし、そもそも自分の住んでいる場所から行くことができるのか?

行けたとして、遅くとも次の日には帰れるのか?

などなど、多くの疑問が生じることと思います。

そこで、これから遠征を検討する方に向けて、私が調査した結果を、ここにまとめます。

なお、以下の3点を前提条件として、調査しております。

・ある程度遠征の経験がある
・公共交通機関を主に利用する
・開演時間前に会場に到着し、終演後の規制退場を待って退場する

※そもそもa-nationって何?という方は、こちらをご覧ください。

a-nation online 2020
a-nation公式サイト。19年目を迎えこれまでの観客総動員数610万人以上を超える、 国内最大級の夏フェスです。初のオンライン開催決定!!

当日の移動は、場所によってはほぼ不可能

結論だけ4つにまとめると

・東名阪札幌、および東北新幹線沿い以外からの当日入りはほぼ不可能。前泊必須。
・同じ東北地方であっても、日本海側からの当日入りは厳しい。前泊や車での移動も検討すべし。
・当日入りが可能な場所であっても、当日中の帰宅は時間的にかなり厳しい。宿泊必須。
・宿は青森駅前が理想だが、おそらく争奪戦となる。弘前や八戸も候補に入れるべし。

となります。

当日の朝に移動し、なおかつ開演に間に合わせることができる地域自体が

かなり限られていました。

では、それを詳しく説明していきましょう。

日時:2019年7月20日(土) 12:30開場/14:00開演/19:30終演予定 場所:青森・青森港新中央埠頭特設会場

まず、開催日時と開催場所からご説明いたします。

日時は見出しの通り、2019年7月20日(土) です。

開場時間は12:30、開演時間は14:00となっております。

終演時間は19:30となっていますが、あくまでも予定時間なので、遅くなる可能性もあります。

場所は「青森港新中央埠頭」という場所の特設会場になります。

JR青森駅が最寄り駅で、そこから徒歩でおよそ20分ほどの距離にあります。


徒歩30分圏内であれば、都心部で例えると以下のような距離感です。

・東京で言えば、渋谷~原宿と同じぐらい
・大阪で言えば、地下鉄難波~心斎橋よりも少し長いぐらい
・名古屋で言えば、名古屋駅~伏見駅と同じぐらい
・札幌で言えば、札幌駅~すすきの駅と同じぐらい

歩くことに比較的慣れた首都圏で生活している方であれば、

余裕があれば徒歩圏内と言える距離です。

東京・大阪・名古屋・札幌・東北新幹線沿いを除き、当日入りはほぼ不可能。

ここからが本題となります。
青森駅近辺に当日の13:00頃に到着することを想定して、
バス、新幹線、飛行機 の3つの移動手段ごとのスケジュールを組んでみました。

夜行バス・または昼行バスの場合:

2019/6/2時点では、直通の夜行バスは関東圏以外に発着しておりません。

ですので、夜行バスを選択肢にできるのは、関東圏の方のみとなります。https://www.bushikaku.net/area/_aomori/

東北地方近辺の昼バスの直通便もあります。仙台駅・盛岡駅の近郊から発着しており、

どちらも東北新幹線の沿線でもあります。

その他の地域からの直通のバスは運航しておりません。
同じ東北地方でもある山形駅・秋田駅も同様です。
バスに乗るためだけに関東まで前乗りすることもできますが、
おそらく他の手段を取った方が時間も費用も少なく済みます。

なので、バスを利用して会場へ行けるのは、関東圏内、仙台、盛岡の近辺にお住まいの方のみとなります。

バスでの参戦を検討されている方は、以下のリンクからどうぞ。

東北新幹線の場合:

東京から青森・函館までの東北方面を結ぶ新幹線に乗るルートです。

当然ながらその沿線まで移動しないと乗車することはできません。

当日移動で、12:55頃に青森駅に到着可能な便は以下の通りです。

・東京9:36
・大宮9:59
・仙台11:07
・盛岡11:47
・新青森12:35


このルートの新幹線に乗ることになります。

東北新幹線沿いにお住まいであればそれに合わせて乗車すればよいのですが、

そうでなければ、まず新幹線沿いの都市まで移動する必要があります。
関西より西の地方からですと、まず東京まで出てくることになり、

それ自体がすでに大きな規模の遠征になります。

バスと同様、他の手段を取った方が時間も費用も安く済みます。

飛行機の場合:

となれば、残るは飛行機による移動のみとなりますが・・・

青森空港までの直通便が、国内線だと

・東京(羽田空港)
・大阪(伊丹空港)
・名古屋(小牧空港)
・札幌(新千歳空港)

の4つの空港からしか発着しません。

さらに、青森空港から青森駅までの移動も含め、

当日13時頃に青森駅に到着できる可能性の高い便をピックアップすると、

以下の時間帯になります。

・東京(羽田空港)9:55出発→11:00到着
・大阪(伊丹空港)10:45出発→12:10到着
・名古屋(小牧空港)7:25出発→8:45到着
・札幌(新千歳空港)10:00出発→10:45到着
12:30の空港発のバスに乗れれば13:05ごろに駅に到着するため、
それに間に合うフライトで一番遅い便を調査すると、上記の4つになりました。
https://www.aomori-airport.co.jp/flight/arrivals

すべて朝早い時間帯となっています。各空港の近くにお住まいの方でも、

かなり朝早めに出発する必要があります。
また、各空港のある都市のお近くに住んでいない方は、

まずこの4都市の空港近辺まで移動する必要があります。

そのため、空港、もしくはその周辺への宿泊がほぼ必須になります。

日本海側からの当日入りは、同じ東北地方であっても厳しい。前泊や車での移動も検討すべし。

新潟から移動する場合は、新潟からまず大宮まで移動する必要がでてきます。

新潟7:49→大宮9:38→新青森12:35

というルートになり、直線距離では反対方向であるはずの大宮まで、

一度引き返す必要があります。
続いて、同じ東北地方でもある秋田から移動する場合も調べてみましたが、

同じ東北地方であるにもかかわらず、かなり朝の早いスケジュールとなります。

秋田駅7:28→青森駅11:41秋田駅8:37→青森駅11:17

という2つのルートがあります。

その2つを外すと、

秋田駅12:39→青森駅15:20

という時間になり、出演時間に間に合わない可能性も出る時間帯になってしまいます。

近いと思われがちな新潟や秋田ですが、当日入りの厳しいスケジュールとなっております。

そのため、前乗りや、車での会場入りも検討する必要があります。

終演後は、どの方面にも終電や夜行バスはほぼ無し。宿泊は必須!!

日時の項目でも述べましたが、19:30終演予定とあります。

その時間は、遠征民のほぼすべての交通機関の最終便が出発した後の時間となっております。

その時間から当日中に帰路に着けるであろう手段は以下の通り。

東京方面20:30青森駅→東京 夜行バス
※他の日にちだともっと遅い時間の便もありましたが、おそらくすでに埋まっています。

北海道・函館方面
22:19青森駅→23:59函館駅 新幹線
20:18青森駅→22:13函館駅 新幹線

東北方面
青森駅20:18→盛岡駅21:45→仙台駅23:01 新幹線
青森駅20:18→盛岡駅21:45→秋田駅23:53 新幹線

見ての通り、終演予定時間から終電まで1時間も無い時間帯がほとんどです。

終演時間の遅延や規制退場、自分自身の疲れによる移動速度の低下により、

出発時刻に間に合わない可能性も大いに考えられる時間です。

無理して当日帰宅することを考えるよりも、1泊して次の日に帰ることを考えることを、

強くお勧めします。

どうしても当日に帰宅する場合は、途中退場するしかありません。

青森駅周辺の宿泊が理想だが、おそらく争奪戦となる。弘前や八戸も候補に入れるべし。

青森駅や新青森駅周辺に宿が取れるのが理想ではありますが、

同じことを考える方が多いことが予想されます。

そのため、周辺の宿が埋まっている場合や、値段の高い宿しか残っていない場合もあります。

その場合は、青森駅からの終電が比較的遅い、
・弘前駅周辺
・八戸駅周辺
の2つで宿を探すこともおススメです。

特に弘前駅は、青森駅からの終電が23:38とかなり遅くまで出ており、

ゆっくり移動しても間に合うぐらいの余裕があります。

八戸駅の終電は22:20と少し早めですが、それでも余裕をもって帰ることができる時間です。

また、新幹線で帰る予定の場合、帰りの乗車券も購入済みであれば、

追加で切符を購入することなく、移動が可能です。

青森→八戸間は帰りの乗車券の範囲内なので、八戸駅であれば途中下車が可能です。

青森駅→弘前駅(23:38終電)
青森駅→八戸駅(22:20終電)

まとめ

改めて、結論をまとめると、以下の4つになります。
・東名阪札幌、および東北新幹線沿い以外からの当日入りはほぼ不可能。前泊必須。
・同じ東北地方であっても、日本海側からの当日入りは厳しい。前泊や車での移動も検討すべし。
・当日入りが可能な場所であっても、当日中の帰宅は時間的にかなり厳しい。宿泊必須。
・宿は青森駅前が理想だが、おそらく争奪戦となる。弘前や八戸も候補に入れるべし。

調査した通り、現実的な移動手段がかなり限られる立地となっており、

東北地方にお住まいの方で無ければ、会場に向かうだけでもかなり大変です。

しかしその分、都心部の会場では見られないような西川さんの姿が見れるのではないか?

と期待しております。

今回調査した結果をもとに、一人でも多くの方に参戦していただけると、幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!
お役に立ったと思えましたら、Twitterなどでシェアしてください!

WOWOWのツアー映像を視たい方はこちらに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました