台風で悪天候でも休めないのは真面目だからじゃなくて、自分の意思で動けないから

スポンサーリンク

台風や地震などの悪天候に見舞われたときに、

本当は休みたいのに、行かないといけない今日みたいな日。

交通機関は機能してなくて、動いても混雑するだけ

自分だけじゃなくまわりも同じだから、行っても仕事にならない

普段から行きたくない仕事に、

こんな状況でさえも行かなくてはならない。

それが分かってるにも関わらず、それでもなお行かなくてはならないと仕事に向かう。

そんな状況をみて、ある人は

「こんな状況でもなお仕事に行こうとしてる。真面目だねえ」

という。

またある人は

「こんな状況なのに必死で会社に行こうとしてて、バカじゃないの???」

と言う。

またある人は、

「こんな時でも会社やお客様のために働いてこそのビジネスマンだ」

と言う人もいる。

体調不良で休むことはいつもどおりに行っているにも関わらず。

で、何でこんな時まで出社しようとするかと言うと…

「目上の人の言うことを聞く」のを子供の頃から刷り込まれてて、

自分で判断して動くことができない人があまりにも多いから。

そして、自分の意思で休もうとする人の足を引っ張ろうとするから

じゃないかと思います。

電車が動いてないから移動できない

自分だけじゃなく、社内の同じ部署の人も、

取引先の人も、同様の状況になっています。

例え仕事に出たとしても大して仕事にならないのは明らかです。

行くまでにも大変な労力を強いられます。

そして帰るときにも、おそらくは通常よりも混乱を招いた状態であると思います。

出勤しようとしてる人も、そこが読めない訳ではありません。

それでもなお、出社せざるを得ないのです。

それは何故か。

「自分の意思で動くことができないから。

もっと言うと、自分の意思で動く経験があまりにも乏しいから」

日本では、「上の言うことを素直に従う」ことを良しとした教育が施されています。

その一方で、「自分の意見を持ち、自分の意見を通すために動く」機会はあまりにもありません。

教育をする学校の先生でさえ、進学と言う社会の枠組みに従い、就職と言う枠組みに従い、教員として働いているからです。

そんな世の中では、例え個人では

行きたくないと思っていても、なかなか行動に移すことは難しいのです。

「自分の意思で動くこと」に慣れていない日本人には、あまりにもハードルが高いのです。

かくいう私も、平均よりは自分の自分の意思で動いているつもりですが、

すべての物事に対して自分の意思で動いているわけではありません。

何かを判断することは、それだけ精神力を使うし、責任を伴うのです。

自分の意思で判断して動くこと、

そしてその判断の責任を自分で背負うこと。

このふたつができない人が多いから、交通機関が混乱しているにも関わらず、会社に行かざるを得ないのです。

そして、このふたつができない人間が

上層部の人間ですら多い。

だから、あらかじめ事態の予測ができているにも関わらず当日まで判断をすることができないのです。

電車が動いてなければ、

「電車が止まってるなら仕方ない」と

言い訳もできますしね。

だから、もう会社の判断だけじゃなく、

自分の判断で動けるようになるべきであるし、

自分のできる範囲からでも、自分の判断で動くべきである。

それに、自分の意思で動けない人が多いことが、昨今の悪質クレーマーが蔓延る要因のひとつにもなってると思いますしね。

そう自分に課して行こう。

それを考えるようになった、そんな1日だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました